講座Ⅷ 職業と奉仕

1 職業

職業は,社会において衣食住の物質やサービスを得る為に必要な収入を得る為の技能・知識・能力などを含めた多様な職務の業ですが,生活に必要な収入を得る為だけではなく,社会において個人の存在や居場所を知らしめるものであり,多様な職の業は社会に有用で社会機構と人々の生活を円滑にするものです。その根本は,人がこの世に生を受けて(賜命)果たすべき役割(分)を担う業(使命)であって,貴方が賜命の持つ役割を職業として務めることは人生を生き抜く力になります。

貴方の命は,祖父母から受け継いだ命であり,貴方の命の個性には与えられた使命を果たす能力が潜んでいるのですから,貴方は,できるだけ早く自分の個性と能力を磨きながら志に適い自分の役割を果たす為の職業を選択できるように努めることが重要です。そして,地球に生きている貴方が自分の個性に適う職業を選択しようとする際には,現在の地球の危機的状況と10年後の社会を考えて欲しいのです。貴方には,是非にかかわらず指摘される2030年問題(温暖化による環境危機,人口や砂漠化等による食糧危機等)を視野にいれて,地球の自然を破壊したり傷つけたりすることがない職業を選択して欲しいと思います。

貴方は,地球の自然の下で自分の志に適うと思われる職業を選択したらその目的と成果を明確にして,その職業に就いた後の5年後,10年後の姿を具体的に描ける程に想像してみてください。その為には選択しようとする職業の現実や問題の所在も検証してどのような力が必要かも知らなくてはなりません。簡単なことではありませんが,現実の社会への問題意識を持って職業を選択して欲しいし,地球環境の危機を救おうという意識を持って欲しいのです。

貴方が志に適う職業を選択したら,次にどうしたらその職業に就いて役割と目的を果たすことが出来るか,目的達成の為の行程表とそれを実行する一日一日の時間の使い方を律することが大切で,二度とない人生の有限の命の時間を大切に使って欲しいと思います。貴方は何をしたいのか,貴方は何になりたいのか,それを求めることが職業の選択にも通じますので,今後の社会の有様も考えて,①活思,②活書,➂活言,➃活行,⑤活感の「五活」を常に心掛けて,二度とない人生で貴方の役割を果たせるように有限の命を積極的に使って生き抜いて欲しいと思いますし,そして, 貴方が選択した職業が10年後,20年後の地球に希望を灯すものであることを願っています。

2 職業と奉仕

職業は,社会に有用で貴方の生活の基盤となるもので有償であることが原則ですから技能と労力に応じた対価を得る必要がありますが,職業自体が社会から求められる有用な業務ですから,職業の技を磨いてその能力を高めることはより多く社会に貢献することになります。故に,貴方が自分の技能や労力の対価以上に社会に貢献できるようになれば,対価以上の分は社会への奉仕になるのです。奉仕は,労力,時間,業務で磨いた技能を必要とされる場所や求める人々に無償で提供することですから対価を得ることは出来ませんが,無償の奉仕が多ければ多いほどその奉仕は貴方の積善となって,その余禄は子孫に及びますが,仮にそれを信じることが出来なくても,奉仕は多くの人生の仲間を持つことに繋がるのです。

貴方は,志に応じた職業の技能を高めることで生活に必要な財を得ることが出来るようになりますが,重要なことは職業を蓄財の手段とするのではなく,社会への貢献度を高めより多くの奉仕の機会にすることです。貴方が富を手に入れる手段として職業を位置付けると,ともすれば利益の追求が第一となり,やがてはその利益の為に貴方を破滅させることが多いのです。職業から得られる利益は,社会貢献に適う「利」でなければなりませんし,貴方が経営者になれば会社や家業が子々孫々まで永続していく為には,「自利」よりも「他利」を優先し,「利」よりも「義」を先に置くべきであることが先人の教訓です。そして,義の大前提としては自然を破壊することなく環境保全に資する仕事であることが必要ですし,地球環境の現況に危機感を持って欲しいと思います。そのうえでのことですが,職業における義は,①仕事に嘘がない事(真)②仕事が社会の役に立つ事(善)➂仕事は調和がとれて美しいこと(美),という真・善・美の価値を満たすものであると考えるところですが,そうである為には仕事の現況が義に適っているかどうかを定期的に検証し,社会の進展に適応した仕事を実現していくことが重要になります。これらを怠ることが破滅を招くことになるのは先人の経験からも学べますが,日々の油断や怠慢にも注意して自分自身を戒める必要があります。

貴方には,目指す職業や奉仕について,自分で納得できるまで思考と実践を積み重ね自身の志に適う職業を自分の使命として,貴方の賜命に与えられている役割(分)を果たして欲しと思いますし,貴方の使命が地球の未来を拓くものであることを期待します。

令和3年2月15日

塾長 倉田榮喜

講座Ⅶ 自助と互助

1 自助

皆さんは,二度とない人生に於いて一人で生き抜く力を持てるように命の時間を誠実に勤勉に使うよう努めなければなりませんが,人生は一人では生きていけないことも承知する必要があります。人生行路で必然的に遭遇する危難を孤立無援で乗り切ることは困難ですし,人生が悪路の連続ではかなり強い人でも助ける人が無ければ倒れるのが普通です。特に自然災害等の非常時には命の危機を助けてくれる人が必要ですが,そのような人生の非常時の危機の場合でも一定の時間は一人で耐えて生き抜く力は持たなければならず,助けが必要だとしても自助の力は強ければ強いほど人生の危難を乗り切る可能性は高いのです。

自助とは,人生の危難時を自らで乗り切る力を持つことですが,その為には①境遇的自立②経済的自立➂精神的自立を確立することが必要です。境遇的自立とは,貴方が居る境遇を受け入れてその境遇で生きる力を身につけること,経済的自立とは,衣食住を他者に頼ることなく用意できること,精神的自立とは自身の身の処し方を自分で決められることです。

宇宙万物は全てが唯我独尊で存在すること自体が尊いのですが,貴方が自身の独立自尊を自分で認める為には三つの自立を確立することが必要で,その為には,福沢諭吉翁の言葉に「独立自尊是修身」とあるとおり「修身」が前提です。修身には自分を律する「自律」を保つことが必須で,日々の肉体的苦痛や精神的労苦にも耐え抜く修練を自身の日常的課題にしなければなりません。そこで,まずは,①貴方がいる場所を清潔にして問題の所在を明確にすること②問題の解決に限られた命の時間を有効に使うこと➂社会における他者との関係において礼と儀を守れるようにすること,をそれぞれ自分の課題にして,日々に自身を内観し謙敬・融和の一日であったかどうか自省する習慣を身につけるよう努力しなくてはなりません。皆さんには,①兀座で内観自省し②立腰を以て日々の困難と対峙し➂身体の重心を丹田に置いて何事にも動じないように,心身を鍛えて人生の危機を乗り切ることができる自助の力を身につけて欲しいのです。

2 互助

皆さんは,自身の自助の力を強く持つことが出来るように修身・自律・鍛錬に努めて,さらに自身の力の余力は他者の支援に充てられるように二度とない人生を生き抜いて所願満足の臨終を目指して欲しいのですが,人生においては,自然災害等の非常時の危機や人生行路で悪路が連続して先へ進む希望の灯を見いだせないような危難の時も覚悟しなくてはなりません。そこで,そのような時に助力の手を差し出してくれる仲間を持つことが重要で,仲間の互助の絆を大切に持ち続けることが大切になります。皆さんが持つべき互助の絆で一番大切な絆は家族であって,家族は血の承継を基本として繋がっている宿縁の人の集まりですからその繋がりは切ろうとしても切れない集まりです。家族は,地震や豪雨等の自然災害等の非常時の危機も人生の危難時にも無条件で助け合うことができる関係にあるのですから,日頃から血の繋がりの関係に甘えることなく一段と絆の強化に努めなくてはならない集まりであることを自覚しなければなりません。

家族の次に互助として重要な集まり近隣と集落です。日常的に顔と名前が一致する近隣や集落で相互に助け合うことは,人が持つ慈愛の情として強制が無くても出来ることです。皆さんには,家族と共に近隣と集落も可能なかぎりに心を配り,出来る限りの助力を惜しまないように務めて欲しいのです。そして,皆さんが人生で一緒に仕事をしている仲間や貴方が掲げる人生の目標に共鳴する同志との繫がりも重要な互助の絆であり大切な人々なのですから,仲間や同志との繋がりを大切にすることは人生の処し方の原則であることも知って欲しいと思います。互助は,他者に支援の手を指し出すことで自分も支援の絆を持つことがきるものですが,たとえ一方的な支援であったとしても,貴方が他者の非常時や窮地に助力することは善の徳を積み上げることであり,その積善の徳は貴方の子孫に余慶をもたらす因となることを確信して欲しいと思います。皆さんには,自身の自助力を高めて,その力を分度・推譲により可能な限り他者への支援に使って欲しいのです。

互助を含めた広い概念としては共助も使われますが,共助は一般には組合制や保険等の民間における制度的互助システムと考えられますので,自然災害最中の生命の危機に瀕している緊急時に必要とされるのは,どうしても自助力と家族の力であり,近隣や集落による互助の力なのです。

3 公助

公助は,租税を財源とする法律と行政によるセーフテイネットとして民主国家として当然の救済システムであって,憲法が保障する最低限の生活を保障する国家の義務であり政治家の責任です。公助は,社会の矛盾や弊害(資本主義による格差の増大や制度疲労)を政治権力と法律に基づく行政によって補正し填補するもので,民主主義下で必要欠くべからざる救済制度ですから,責任を持つべき政治の指導者が自助を声だかにして公助を後回しにするようなことは許されないことになります。

国民が,安心して生活する為に公助の充実を求める権利を有していることは当然ですが,その一方で,公助の財源が税であることから,公助による救済は必要最低限にならざるを得ず,仕組そのものが無駄や不正の温床になる危険性も高く,皆さんが政治と行政の監視を怠れば制度と運用の公平を確保することは容易ではありませんので,皆さんには普段から政治に関心を持って欲しいと思うのです。

公助は,組合や保険の共助と同じく事後的救済制度ですから社会が安定して行政機能が円滑に動いている時には効果を発揮しますが,今後の地球に必然的に起こる資源の枯渇による食糧危機と地球の温暖化による気候変動等で生じる集中豪雨や大型台風そして地殻調整の為に周期的に起こる大地震等の大きな自然災害時には行政自体が被災して機能不全となっている可能性が高く,自衛隊の皆さんの限られた緊急支援以外はあまり期待できないのです。したがって,大きな自然災害時には自助と家族や近隣間の互助の力で危難が去るまでの間は耐え抜くしかなく,皆さんには,非常時に生き残る為にも自助の力を日常的に高めて,家族の絆と近隣の互助の絆をより強くより太くしていく必要があることを日常的に自覚して欲しいのです。

令和3年1月15日

塾長 倉田榮喜

講座Ⅵ 境遇と立志

1 境遇

皆さんが生れる境遇は様々で,世界的にみれば難民キャンプで誕生する人も大富豪の家に誕生する人もいます。貴方が誕生した境遇は貴方が選んだものではありませんが,祖父母代々の血脈を受け継いだ命に宿る業と共に生まれた境遇は受け入れるしかありません。しかし,その境遇にこそ貴方が為さなければならない役割と果たすべき使命があるのです。貴方は誕生した境遇で自分の使命を知覚して,其の使命を果たす為に命の時間を使って人生を生き抜くならば,祖父母代々の宿業と貴方の生まれた境遇を転換することが出来るのです。人は,天地自然の下で大地に支えられて血脈の業に挑戦しながら四苦八苦の人生を所願満足の臨終を目指して命の時間を使うのだと思いますが,貴方には,万物が止まる所を知るように,誕生した境遇を天命と覚悟して粘り強く二度とない人生を生き抜き必要があるのです。

天地自然の下で起こる大地震・台風・豪雨は,自然の摂理と天地間の調整に因って生じる自然現象で,人は自然を制圧することは出来ませんが,貴方の境遇は自身の自覚によって変えることが出来るのです。その為には,貴方は,自分が生まれた場所の地理を調べて地域と国土が持っている問題や生まれた境遇の家族と自分の課題に向き合って,自分の役割と自分の使命を果たす人生を生き抜いて欲しいと思います。富豪の家に生まれた人と逆境の中に生まれた人の臨終の有様は,その出自に因るのではなく其々の使命を果たす為に自身の命の時間を使ったかどうかに因るのだと思います。

現代の科学技術による日常的な利便性の向上は自然現象下での人の生存能力を減退させ,現文明下での物質的幸福を追求する風潮は人の精神を蝕んで人を差別化しています。貴方には,厳寒,酷熱の自然環境でも生き残れる心身を作り,人が動物的本能として持つ性欲と物欲を自制し,他者との比較と他者への羨望や嫉妬に自身の人生を狂わされることのないように貴方の人生を生き抜いて欲しいのです。

2 立志

立志とは,誰でも生れた場所とその境遇の中に人生で果たすべき使命が与えられていますので,貴方が其の使命を知覚して其の使命を果たす為に人生の行程表を作成することです。故に立志はまず使命を知覚することが必要となりますが,使命を知覚するためには貴方が生まれた場所の地理(地形・気象・風土)を明らかにしてその課題を把握すると共に,自身の個性を承知して人生を生きる覚悟が必要だと思います。

個性は,「個」と「性」からなり,「個」には世界に唯一つしかない特有の才能が秘められており,その才能は使命を果たす為に必要な力で天と祖父母から貴方に与えられた能力です。貴方は自身の個としての能力を見つけてその能力を使わなければなりませんが,貴方が自分の能力を見つけるためには,まずは,自分が好きな事,飽きることなく達成感を得られる事,自身の境遇でやらなければならない事等を弛むことなく実践していけば,その実践の過程で貴方が持っている能力が見つかります。「性」は,「性則理」とも言われますが,性には動物的本能と祖父母からの血脈に含まれる性分が秘められていますので,その性分が貴方の「個」を活かすように働くのか,貴方の「個」の妨げになるように働くのかは,貴方の命の時間の使い方如何なのです。

貴方の個性は,個と性が統一されることによってその才能が発揮されますが,個と性が分離してしまえば自身の心身的統一に欠けることになって欲望に振り回されることになってしまいます。自己中心主義(我執)は,個と性が分離して心身が動物的欲求に振り回されている状態ですので,自己中心主義の立志では使命を果たすことはできません。自己中心主義に捉われないようになる為には,自律的に心身的統一を体得する戒・定・慧を学ぶ工夫と心身の鍛錬を日々に積み重ね,時間の経過と共に人生の行程表をより具体的に時には修正して,貴方の役割と使命を果たせるように貴方の限りある命の時間を使って欲しいのです。

令和2年12月15日

塾長 倉田榮喜

講座Ⅴ 自尊と他尊

1 自尊

貴方の命は,世界に一つだけの個性を持っている命です。貴方の命は,根源の命と共に過去の時間と習性とが含まれるだけでなく他の命が持っていない特有の個性を有し,その特有の個性は未来への無限の可能性を備えている個性です。

自尊とは,世界に一つだけの個性を貴方自身が尊重して生きることで,それは,誕生から臨終までの貴方の命の時間を個性に賦与された使命を追及し達成する為に使うことです。動物の本能は自然環境で生きる為に存在し,動物である人は,生きる為の本能を元とする性欲・物欲・存在欲(競争欲と名誉欲)の三欲を持ち,三欲には嫉妬心と猜疑心があります。

「自」は貴方の個性で,「個」には習性や宿業と共に使命を果たす素質が賦与され,「性」には欲と理が備わっています。貴方が賦与された素質を使命の為に使うときは,個性が持つ宿業や三欲と対峙しながら使うことになります。そこで,貴方が宿業や三欲に負けずに自身の使命を達成するには,「自律修身」が必要で戎・定・慧の修練を重ね,仁・義・礼・智の四端を身につけるよう努める日々が必要となります。貴方には,自身の個性は例外のない「真」であって「偽」ではないことを確信し,自身の使命を達成する為に命の時間を使うように務めて欲しいと思います。

2 他尊

貴方の命は唯我独尊ですが,生物の全ては唯我独尊であり,山川草木悉皆成仏とすれば世界の全ての命は他尊の対象です。貴方だけが世界で独尊なのではなく,全ての命が桜梅桃李のごとく個性に応じて独尊なのですから,他者を侮ったり,目線を高くした態度や物言いだったり,能力や地位を比較したりしないことを胆に銘じる必要があります。日本は,中華文明の模倣から西洋文明の信奉者になるという歴史を有し,国民の大多数はその度毎に尊敬と侮蔑の目線を繰り返し,自分が何者であるかを求めた人は少ないのです。

使命を達成する為には,桜梅桃李に応じた他者の支えが不可欠ですが,他尊とは,他者が自分の使命に必要だから尊いのではなく,存在自体が尊いのだと解る必要があります。自尊が縦軸の血脈と伝統を元とするのに対し,他尊は横軸の空間と集団を本にするものですが,使命を追及する処は横軸の空間に在る共生の自然則の中にあります。貴方が個性に含まれる使命を有するのと同じく,他者も使命を達成する為に個性の役割を果たそうとしています。

他尊は,「命を傷つけない」という「善」の実践に繋がる行為であって,個性(自)に応じた役割(分)という共生を尊認する行為です。貴方が何者であるかを知る為の自尊と他者の役割に対する尊認は,共生に必要欠くべからざる行為です。

生命の全てが自己の我執を克服して,自尊の「真」と他尊の「善」とが調和する状態は誰もが感銘する「美」の世界になると思いますが,貴方は,そのような調和の世界の出現は不可能だと思いますか。そのような調和の世界を求めて自分の分を果たせるよう務めたいと思います。

令和2年11月15日

塾長 倉田榮喜

講座Ⅳ 人生と生き方

1 命の時間

命の時間は,皆さんが誕生から臨終までに持っている時間です。人は,誰でも誕生から死までの間の二度とない人生を生きるのですが,命の時間が何時尽きるかはわからず一瞬先に災害や事故に遭って命を落とすことも否定できず,命の時間が何時尽きるかわからない人生を,四苦八苦という苦楽と共に一瞬一瞬の後戻りできない命の時間を使いながら臨終の時を迎えます。

皆さんは,自分が誕生する境遇を選ぶことは出来ませんが,どのように生き,どのような臨終を迎えるかは選ぶことができますので,二度とない人生の臨終の様相は皆さんの命の時間の使い方如何に係っています。皆さんには,命の時間を臨終の時に悔いが残らないように使うという使命があり,自分の使命を見つけてその使命を果たすという覚悟を持って自分の人生と対峙して欲しいと思います。

自分の使命を見つける為には,自分の「自」と何か,自分の「分」とは何かを問いながら自律に基づいた研鑽と鍛錬が必要になります。皆さんには,自分の使命を見つける為の研鑽と鍛錬を継続して①知性②感性➂個性を磨き,自身に備わる①欲得②憤怒➂羨嫉をコントロールできる生き方を追及して欲しいと思います。兀座・立腰・丹田を心身の所作として身に付け,人生の師と友を見つけるように努めながら,志を実現するとの強い思いを心肝に刻みつけて具体的な行程を作り,自分の臨終の様相もカラーで描いてみてください。そして,人生の生き方として誠実・勤勉・分度・推譲という二宮尊徳翁の訓えを学んで欲しいと願っています。

2 家族

家族は,血と縁の絆で結ばれた無償の慈愛で支え合う集まりで,家族が住む家は,皆さんの命を慈しみ育て力を蓄える処です。皆さんが志と使命を実現する為には必ず他者の援助と協力が必要になります。一人で出来ることは限られますし,一人では命を次に繋ぐことはできません。

人が二足で立ち上がって歩きだしたのは,①重い頭脳を支える為②獲物や敵を草原で見つける為➂獲物を獲り食糧を家族に運ぶ為等幾つかの説明がされますが,自然の中で家族が協力して獲物を取り食べ物は分け合って次世代に命を繋いできたことで人類の現在があります。皆さんが誕生から修練の期間を終えて社会に巣立つまで,親は,可能な限りの慈愛と食・衣・住の全てを無償で与え,社会に出た後の人生でも変わることがない支援者で,家族は,自然災害や人生の危機を助け合って乗り越える存在です。

祖父母から受け継いだ皆さんの命は,使命と共に宿業も抱えており,皆さんが人生で使命を果たすよう務めることは,皆さんの命に宿る業を転換し軽減することです。祖父母に対する「孝」は,根源の命に繋がる倫理価値であり,兄弟姉妹に対する「信」は,家族が相互に助け合うために不可欠な家族の絆の証です。

一方,親が慈愛と保護を放棄していることが明瞭である場合は,速やかにその下を離れて社会の保護を求めるか巣立ちの時期を早めるようにしてください。そして,慈愛と保護を放棄した親であっても,親が皆さんの命の源であることは変わりませんので,可能な範囲で孝の誠を尽くすことはなお必要です。

3 社会

社会は,皆さんが人生で使命を果たすことが求められる場所です。高校生になるまでの間,躾も受けず苦労もせず不自由なく育ってきた場合,社会で使命を果たす為には苦難や危機にも負けないように自分を鍛錬する意識を持つことが必要です。社会に出た後,幾度となく繰り返す失敗や挫折にも負ない折れない心身を持たなければならず,その為に人生の師と友を持つことが大切ですが,そのような師や友が皆さんの身近に見つけることが出来なければ,歴史上の人物や書物の中から自分が尊敬し納得できる人物を選びだして,その人物の生き方を真似ることが良いと思います。

社会は,欲得・憤怒・羨嫉の集団でもありますので,皆さんがそのような集団の中で自分の使命を果たそうとするときは,誹謗中傷は当然の事として,どのような凶事や危機や難事も乗り越えるべき試練と受け止める覚悟と前へと進む決意を持ってください。二宮尊徳翁は,①誠心を以て本となす②勤労を以て主となす➂分度を以て体となす➃推譲を以て用となすと訓えられています。皆さんが人生の家を築くときには,勤勉・勤労を基礎と土台,誠実・正直を骨格,分度と節約を内規,推譲と奉仕を行動規範とし,家では家族を守り,外では社会と他者への奉仕が基本となるように命の時間を使って欲しいと願っています。

人生に起こる禍福吉凶は偶然ではなく必然と捉え報恩と感謝の念を失念することなく,発生した出来事の全てを次の布石として受け入れ,志の実現に向かって倦まず絶えまず明日へ向かっての一歩を積み重ねて欲しいと思います。使命と志を実現して悔いなき臨終を迎えることができるように,皆さんは,二度とない人生の今日の命の時間を無駄なく燃焼させて欲しいと思います。

令和2年10月15日

塾長 倉田榮喜